ニードル脱毛のデメリットってどんなところ?気になっていること教えます♪

プロの手による脱毛が大流行していますがクリニックで脱毛するか、エステで脱毛するか迷う方も多くいらっしゃいます。
クリニックのレーザー脱毛は永久脱毛ができるから魅力だけど、エステの居心地の良さも捨てがたい、と思う方に選ばれているのがニードル脱毛です。

 

この脱毛法は別名電気針脱毛と呼ばれるもので、エステのフラッシュ脱毛が流行するずっと前から行われてきた脱毛法です。
針を毛穴に差し込んで電流を流すことでムダ毛の元となる毛乳頭を完全に破壊して、その上で一本一本抜いていくという作業を行う脱毛法で、最大の魅力が永久脱毛が可能というところです。

 

エステのフラッシュ脱毛は永久脱毛ができないので、エステで永久脱毛をするなら、このニードル脱毛のみということになり、居心地のよいエステサロンでゆったりと永久脱毛ができるということで人気を集めています。
このニードル脱毛の気になるデメリットはコストがかかるというところです。
エステティシャンがつきっきりで高い技術力で1本1本を抜いていく丁寧な作業なので、人件費がかかりその分コストアップしてしまいます。
その上、脱毛完了まで細かい作業なので時間がかかってしまうというケースもあります。
また抜くという作業があるので、若干痛みを感じる方も多いというのも気になるポイントです。

 

これらのデメリットがあっても、ニードルでの脱毛法を選ぶ方が多いのは、それ以上にメリットがあるからです。
居心地のよいエステサロンで永久脱毛が受けられるという最大の魅力のほかに、フラッシュ脱毛ができない色が黒い方でも、ニードルでの脱毛なら受けられるという点があります。
日焼けした方、色が黒い方は光脱毛の機能として受けることができませんがニードルなら肌の色に関係なく脱毛を受けることができます。

レーザー脱毛と光脱毛、よりキレイに仕上がるのはどっち?

脱毛サロンやエステで受けられる脱毛方法は光を照射して行う光脱毛で、クリニックや病院など医療機関で行われる医療レーザー脱毛とともに、
どちらも脱毛効果があることで知られています。

 

医療機関では、より出力の高い医療用のレーザーが使用できるので、エステやサロンと比べると脱毛効果が高くなりますが、その分肌への刺激は強くなります。
どちらも仕組みは同じで、ムダ毛の黒色メラニン色素に反応して、照射されたレーザーや光が熱を発生させて、
毛根にある毛の生産工場ともいえる毛母細胞を破壊するので、ムダ毛は生えなくなります。
レーザー脱毛も光脱毛もムダ毛の黒色メラニン色素にのみ反応して、
周辺の皮膚組織にはほとんどダメージを与えないために、非常に安全性が高いのが特徴です。

 

両者の違いは照射するレーザー出力の質の違いで、どちらが仕上がりが綺麗かというと、光脱毛もレーザー脱毛もどちらも等しく綺麗になります。
光やレーザーには、高い脱毛効果に加えて、肌の美白と毛穴の引き締め効果が期待できるので、
脱毛に通っているうちに、毛抜きやカミソリを使ってのムダ毛の自己処理でダメージを受け、
広がったり黒ずんだりしてしまった毛穴も次第に引き締まり、黒ずみも改善され目立ちにくくなってきます。

 

脱毛効果からいうと、やはり出力の高い医療レーザー脱毛に軍配が上がりますが、光脱毛なら出力の弱い分肌に優しく痛みも少なくて済みます。
完全に生えないツルツルの状態を目指すならレーザー脱毛が最適で、
時間はかかっても比較的楽に脱毛をしたいのなら脱毛サロンやエステの光を使った脱毛がおすすめです。
どちらの脱毛方法を選んでも、ムダ毛が目立たない綺麗な肌に仕上がります。

光脱毛って何歳からできるの?子供でもできる?教えて!

特に女性なら全身の毛の処理は悩みの種となってしまうものです。
男性でも最近では脱毛を行う方もいますが、やはり毛について早くから悩むのは女性の方が圧倒的に多いといえます。

 

近頃は光脱毛が安心安全で更に低価格で脱毛が行えると言うことで様々な年代の方から支持を得ているのですが、
この光脱毛は一体何歳から行うことができるのでしょうか。
中には親の方が早くから脱毛をさせたいと考える方も増えてきています。

 

しかし、脱毛を実行しても効果が薄い時期と言うのはあるのです。
というのも、女性と言うのは初経が来てから、ホルモンが整い始めもう周期も安定して濃い毛が生えてくるのです。
つまり、初経が来てから脱毛を行うのが望ましいと言えます。
また、肌理細やかで敏感な肌の時期には肌荒れどころか肌を傷めてしまうことも考えられます。

 

しかし、なるべく安全な部位を選んで行うキッズコースなどを行っているサロンも中にはあります。
そういったサロンに相談することで何歳から光脱毛が行えるのかなども教えてくれるかもしれません。

 

ですがやはり生理前の脱毛は刺激が強いと言うことであまり大きく宣伝していないサロンもたくさんありますが、キッズコースの広告がないサロンでも実際に問い合わせてみることによって行ってもらえる場合もあるかもしれません。
小学校低学年などで光脱毛を行いたい場合にはサロンに問い合わせてみることで確実な情報を得ることが可能です。

 

生理が来ている年齢であれば通常通り行ってもらえる可能性も高くなっています。
近年では高校生や中学生も光脱毛を行います。
未成年の場合は保証人が必要になる場合がほとんどではありますが行えないわけではありません。
何歳からでも行えるわけではありませんが、気になるお年頃になったらまずはサロンに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

光脱毛の行程ってどんな事するの?気になっていること教えます!

光脱毛は多くの脱毛サロンなどで採用されているため、最もポピュラーな脱毛方法のひとつです。
脱毛サロンの場合には、いきなり施術を始めることはなく、初回にカウンセリングを受けることから始まることが多いです。
実際に施術を受ける前には、あらかじめ自宅でシェーバーなどを使って前処理を行なっておく必要があります。

 

初回カウンセリングを受けて、自宅での前処理を済ませてからいよいよ光脱毛の行程が始まります。
まず施術する部分に専用のジェルを塗りますが、冷たいまま塗るとひやっとするため、人肌に温めたジェルを塗ることが多いです。
ジェルを塗った上から、光脱毛ができる業務用の脱毛機器を使って施術が行われます。

 

脱毛機器からは毛にだけ反応する特殊な光が照射されるので、肌に負担も少なく安全に脱毛することができます。
毛抜きなどで毛を抜くような痛みもほとんど感じることもなく、無理に引き抜くことなく自然に毛が抜けるようになります。
また、光脱毛は広範囲を一度に施術することができるので、施術時間も短時間で処理できます。

 

そのため、ワキの下や腕、脚などの人気の部位はもちろん、全身脱毛コースを設けている脱毛サロンも増えてきました。
施術後には、ジェルを拭き取ってから肌をケアしてもらえるサロンもあるので、肌トラブルになることも少ないので安心です。
光脱毛の1回あたりの行程で全身脱毛が完了できる脱毛サロンもあれば、数回に分けて全身脱毛を行なう脱毛サロンもあります。

 

また、毛周期によってまた毛が生えてくるタイミングにあわせて脱毛をすることで、次第にムダ毛が生えにくくなることがあります。
そのため、1回の施術だけでなく何回分かがパックになっている脱毛サロンもあります。

光脱毛って身体に影響ないの?本当に安全?

脱毛法のひとつに「光脱毛」というものがあります。脱毛を考えている方の中にはこういった処置の安全性に疑問を持つ場合も少なくないのではないでしょうか。

ここでは光脱毛の身体に対する影響や安全性について見ていきましょう。

 

そもそも光脱毛とはどういったものなのでしょうか。
毛の黒い部分にのみ反応する光を当てることで、毛穴の中の毛乳頭という部分を刺激して脱毛するといった仕組みです。
このとき毛のメラニン色素に反応しますのでそれ以外の皮膚や内臓に対するダメージは考えにくいと言えます。
身体への影響があるとするならば光を当てたときに毛根周辺の刺激によるヤケドや色素沈着の可能性があるというところです。

 

しかし出力は抑えて様子を見ながら処置をしていきますので「刺激が強い」と感じたらすぐに申し出るようにすれば皮膚のトラブルに対しても心配することはあまりありません。
安全性については、ニードルやレーザーなどの脱毛法に比べると格段に痛みが少ないというのが特徴です。
全く痛くないわけではありませんがあまり痛くないということは危険性も低い、ということですので安全性は確保されていると言えます。

 

このように低刺激で安全性も高い光脱毛ですが欠点は存在します。
それはニードルやレーザーなどの脱毛法に比べて効果が出るまでにちょっと時間がかかることです。
出力を抑えた光を使いますので、レーザーのように医療従事者でなければ扱えないわけではなくサロンなどで脱毛ができるためです。

 
しかしいくら出力が抑えてあるといっても身体への影響が全くないとは言い切れないところがあります。
危険性やトラブルの可能性について、必ずカウンセリングなどで納得した上で処置を受けるようにしてください。