ニードル脱毛ができる部位ってどこ?全身できるの?出来ない部位は?

ニードル脱毛は、毛1本1本に対して針を刺して電流を流していくという脱毛方法です。電流が流された毛根はダメージを受けるので、確実な脱毛ができます。

 

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、照射するときに光が当たっていない部位があると、そこだけ脱毛効果がありませんが、1本1本施術していくニードル脱毛であれば、そのような心配はありません。

 

ただ、どうしても電流を流す際の痛みが強いというデメリットがあるので、頭に置いてから施術を受けるようにする必要があります。また、他の脱毛より時間がかかるというのも覚えておきましょう。

 

ワキでしたら、左右両方の施術をすると1時間ほどかかります。他の施術方法であれば5分で済むので長い時間が必要なことが分かります。

 

フラッシュやレーザー脱毛は黒い色に反応するために、ホクロや色素沈着、アザなど他より色が黒い部分には使用することができません。

 

しかし、ニードル脱毛はそのようなことはなく、施術できる部位は他の脱毛より広くなります。他の脱毛では、なかなか効果のでない産毛の脱毛も可能です。レーザーが受けられないアトピーの人でも受けられるので、肌の質を選ばない脱毛方法であると言えます。

 

ニードル脱毛は、黒色に反応するのではなく、毛1本に対して施術をするので、全身の脱毛が理論上はできます。
ただ、理論上はできる部位と言われても、なかなか目立つ部位には行われないのが実情です。

 

その理由は、施術の前に毛をある程度の長さに伸ばしておく必要があるからです。
きれいに剃ってしまうと、施術ができなくなってしまいます。
そのため、薄着のシーズンは特に人目を気にして露出する部位の脱毛ができないときがあります。ワキやVIOなどの、狭くて人目に触れない部位を希望する人が多いです。

ブラジリアンワックスって何歳からできるの?子供でもできる?教えて!

ブラジリアンワックス脱毛は、海外では身だしなみとしてかつてより多くの人に利用されてきた方法ですが、日本でも近年人気が出てブラジリアンワックス脱毛専門のサロンも多く出店しています。
ブラジリアンワックスとは、ワックス剤でアンダーヘアを処理する脱毛法のことを言います。
脱毛には何歳からという年齢制限を設けているサロンもありますが、ブラジリアンワックスの場合はどうでしょうか。

 

脱毛サロンでの光脱毛施術では、サロンによって年齢制限を設けていることも多いものです。
16歳からなどサロンによっても何歳から可能なのかは違ってきますが、サロン脱毛では黒い色に反応させるという脱毛法なので色が薄い産毛に対しては反応が悪くて脱毛がすすまないこともあります。
そのために、まだ子供であればアンダーヘアの毛も細くて色が薄いために効果も薄いというのが実情であり、年齢制限を設けているということもあります。

 

ブラジリアンワックス脱毛では、サロンによっても違いはありますがとくに年齢制限を設けていないというサロンもあります。
ワックス剤は、光脱毛と違って毛の色や細さにも関係なくどんな毛質でも脱毛することができるため、脱毛効果という面では子供でも施術が可能です。

 

ただし、大人と違ってまだ皮膚がやわらかいために肌トラブルが発生する可能性は高くなるとも言えます。自分で行うとなると注意が必要ですが、専門のサロンであれば肌の質を見ながら調整をしてもらえます。

 

直接皮膚をひっぱらないように、あらかじめ肌にベビーパウダーなどを薄く塗るという処置が行われることもあります。また、施術後には肌が敏感でデリケートな状態になっているので、保湿ケアは欠かせません。

ブラジリアンワックスって肌が強くないとできないの?肌が弱い人でもできるの?

ブラジリアンワックスは、ビキニライン周辺をワックスで脱毛する方法で、ビキニ面積の狭いブラジルが発症と言われています。

 

ブラジリアンワックスは、自宅でも可能で一般的なワックスでの脱毛とやり方は同じです。やり方は、脱毛する部分に温めたワックス剤を薄くのばし、専用の布をあてて一気に引きはがします。
強力な粘着力なので毛根から毛が引き抜かれて脱毛することができます。広範囲を短時間で処理することができるブラジリアンワックスは即効性があり手軽に脱毛することができる施術です。

 

メリットは、脱毛に即効性があること、剃刀などで処理するよりも仕上がりが綺麗、産毛や太い毛も処理可能などがあります。
デメリットは、効果の持続は約2週間程度で、肌を無理に引っ張るため痛みや赤みが出る、肌への負担が大きく、毛穴の炎症や埋没毛など肌トラブルの可能性が考えられます。

 

ブラジリアンワックスは、皮膚への負担が強くなります。毛根で張り付いているムダ毛を無理矢理引っ張り出す方法なので、毛穴は大きくなりスキンへのダメージも大きいものです。
特に敏感な場合や肌が強くない場合、皮膚がはがれる可能性もあり、皮膚が強くない場合はスキントラブルを起こすこともあるため、ブラジリアンワックスの施術には注意が必要で、アフターケアも必要です。

 

自宅で処理には室温で使用できるジェル状のものや、シートに塗布された状態で市販されているタイプもあります。自己処理できる範囲は、足、腕、脇の下、ビキニラインなど自分の手が届く範囲になります。
自宅でのやり方は、乾いている皮膚にベビーパウダーを塗り、ワックスを毛の流れに沿って塗って行きます。
シートを押し付けてワックスをなじませ、ワックスを塗った方向とは逆に一気に剥がし、残ったワックスを拭き取り、化粧水などでアフターケアをします。

 

ブラジリアンワックスは痛みが気になりますが、回数を重ねると慣れてきて痛みを感じなくなったり、2回目以降は毛の量も少なくなり強い痛みは感じないこともあります。
費用がある場合は、サロンでの施術という選択もあります。プロに任せることでより綺麗な仕上がりになることは間違いありません。

ブラジリアンワックスって妊娠中でもできるの?あなたの不安、解消します!

ブラジリアンワックスは、妊娠中でも安心して施術を受けることができます。
妊娠中は、毛根が弱くなりむだ毛が育つサイクルもペースが落ちるので、ブラジリアンワックスを行うのに最適な時期です。
しかしながら、妊娠中は大変、肌がデリケートになってしまっているため、安心安全に施術を受けられるサロンを選ぶことが重要なポイントです。
口コミでも人気を集めているサロンでは、安心安全なブラジリアンワックスを受けることができるので妊娠している方にもおすすめです。

 

こちらのサロンでは、自然素材のワックスを使用しており、アロマのローションで肌のケアを行ないながらむだ毛の処理を行っていきます。
もちろん、施術を行う際には衛生面もきちんと管理しているので安心です。
女性の多くは、妊娠していても肌の手入れを完璧に行いたいといった願いや出産時に剃毛されてしまうことに抵抗があるという方も多いのではないでしょうか。
そんな方にもブラジリアンワックスはおすすめです。

 

妊婦さんが安心して施術を行えるように施術前に丁寧なカウンセリングを行ってくれます。
また、専用のベッドでの施術を行い、オレンジのアロマローションを使用して肌のケアを行った後にブラジリアンワックスの施術がスタートします。
施術後は、丁寧な肌のケアを行なってくれるので、妊娠中のデリケートな肌もトラブルがありません。

 

妊娠している時でもブラジリアンワックスを受けることができるのかと疑問や不安がある方も少なくありませんが、マタニティコースなどがあるサロンを利用することで心配なく効果の高いむだ毛のケアを行なうことができるでしょう。
妊娠しても美しさをキープするために効果抜群の脱毛法を実践してみてはいかがでしょうか。

ブラジリアンワックスとニードル脱毛、本当に生えてこなくなるのは?どっちがいいの?

本当に毛を生えなくさせる為にはニードル脱毛の方が良いと言えます。それには理由があるのですが、ニードルですと毛根を破壊することができるからです。
ニードル脱毛は毛穴に挿入した針に電気を流すことで毛母細胞が破壊できる施術ですし、そして破壊された細胞は再生することはないと言われています。
つまり永久脱毛ができる施術であり、本当に毛をなくすことができる施術なのです。ですから効果を求める方に最適ですし支持されています。

 

ではブラジリアンワックスですと永久脱毛はできないのかと言えば、その答えとしては「できない」と言えます。
ニードル脱毛の方は毛母細胞を破壊しますので高い効果があるのですが、ブラジリアンワックスの場合はムダ毛を抜くだけの施術にしか過ぎませんし、
毛母細胞が残っている限りまた生えてきます。その為、本当に脱毛ができるという施術ではなく、一時的な脱毛として考えておいた方が良いでしょう。

 

しかしながらブラジリアンワックスにも良い点がありますが、まずすぐに全体を綺麗できることです。
ニードル脱毛も施術を受けてすぐに抜けることは抜けるものの、しかしながら広範囲の場合ですと段階を踏んで施術をしなければいけません。
ですから全体を一気に綺麗にすることはできませんが、その点ブラジリアンワックスですと脱毛したい部分を一気に綺麗にすることが可能ですので、
早くムダ毛をなくしたい時にお勧めです。ですから海へ行く前だったり、結婚式に向けてなどの理由で施術を受ける方もいます。

 

続けていくことでムダ毛が薄くなるのも利点と言えるでしょう。ニードルのように永久脱毛はできないものの、ムダ毛を薄くすることは可能です。
その為、そこまでムダ毛が気になる訳ではない時にはブラジリアンワックスでも十分だったりもします。

ブラジリアンワックス光脱毛の違いって何が違うの?どっちがいいの?

ブラジリアンワックスは特殊な液体を肌の毛が濃い部分に塗ることによって、ワックスの効果で毛穴と密着している毛根との間に
隙間を作ることによって浮き上がらせ専用のテープを張って一気に毛根から毛を抜き取る方法になります。
そして光脱毛は微細なレーザー光線を発する機器を用意し、その微細なレーザーを毛根部分に照射することによってレーザーの熱で
毛根組織を焼き切ることで成長を阻害しやがて伸びなくなる方法になります。

 

ブラジリアンワックスと光脱毛はどちらも最新の脱毛法として効果を発揮する部分は同じですが、やはりその違いは効果範囲と効果時間の違いが大きいと言えます。
ブラジリアンワックスはワックスを塗るという方法を取るだけなので簡単に広範囲に塗れてかつ1時間放置すればよいだけなので即効性です。

 

そして光脱毛はレーザーを照射する機器の範囲だけ効果を持ち、さらには照射するにも何度も重ねて行う必要があるため遅行性であると言えます。
そのことからブラジリアンワックスのほうが利点が大きいと言えますが、しかしどちらが良いのかという観点では使う目的によって変化します。

 

ブラジリアンワックスの場合では塗る範囲が広くかつ1時間後に抜くことができる即効性が売りですが、
ただし毛根から抜ける量というのは実際には少なく時間がたてば再び生えてきて元に戻るリスクというものがあると
共に基本的に化学薬品のワックスなので顔には濡れないそして肌が弱い場合には肌トラブルのリスクもあります。
そして光脱毛は光のあたる範囲が狭く時間がかかってしまうことがデメリットですが、その時間がかかる分しっかりと毛根部分に
効果を発揮するので再び伸びるという失敗のリスクが少なくさらには毛の中でも多く濃い部分である顔にも使うことができます。

 
そのことから春から夏場にかけては露出が多くなることを想定してブラジリアンワックスが良く、
そして露出が少なくなる秋冬にかけては後者を選ぶことが良いと言えます。

レーザー脱毛ってアトピー肌でもできる??気になることを教えます♪

アトピー肌の人は、普通の人よりも刺激に弱い状態です。バリア機能が正常に働かず、脱毛をしたくてもできないことが多いようです。最近では肌に優しいと言われている光脱毛で対処している人もいますが、実はレーザー脱毛でより安全に大きな効果を得ることも可能です。

ただし、クリニックならどこでも良いのかというと、そうではありません。やはり豊富な知識と経験のある熟練のスタッフのいるところが望ましいといえます。

また、クリニックによって導入している機械は様々ですが、一種類しか置いていないところは個々の肌状態に合わせて対応するのが難しいので避けた方が無難です。

一般的にいえば、格安でレーザー脱毛が受けられる施設は一種類の機械しか置いていないことも少なくありません。
これらの機器は非常に高額なので、施術を安価に提供することは大変なのです。

アトピー肌の人が安心して施術を受けるためには、肌の状態に合わせて施術を行うオーダーメイド脱毛を選択することが重要です。

オーダーメイド脱毛では医師が時間をかけて診察やカウンセリングを行ってくれますし、その都度出力を変更することができます。

レーザー脱毛は光脱毛よりも出力が強いのが大きな特徴ではありますが、オーダーメイド脱毛なら安全な範囲で効率の良い施術を受けることができますし、肌の弱い人やアトピー肌の人であっても安心して任せることができます。

脱毛の施術では多少赤みが現れたり軽い炎症を起こすこともありますが、すぐに処方が必要なレベルなのかを判断してもらえますし、万が一のトラブルにも迅速に対応してもらえます。

最近では光脱毛がクローズアップされていますが、安全性という点から考えるとレーザー脱毛はおすすめの方法です。

レーザー脱毛の行程ってどんな事するの?気になっていること教えます!

レーザー脱毛はレーザーを当ててムダ毛を処理する方法であることはなんとなく知っているけれど、具体的にどんな行程を踏むのでしょうか。

 

そこでレーザー脱毛初心者でもわかるように、その行程について簡単に説明します。

 

予約日にクリニックに行くわけですが、実はその前に自宅でやるべきことがあるのです。それが脱毛予定箇所のシェービングです。
レーザーを照射して脱毛を進めるわけですが、そのためにはシェービングが必要なのです。
というのは光は黒い色に反応して熱エネルギーを与える性質があります。
それによって脱毛を進めるわけですが、伸びたままのムダ毛に照射すると毛の伸びた部分に反応して火傷をする恐れがあります。
それを防いで肌内部の毛根に集中的にダメージを与えられるように、予めシェービングしておくのです。

 

そしていざ施術日です。受付を済ませて施術室に入ります。必要であれば施術着に着替えます。それから施術となるのです。
いきなり照射ではなく、まずはジェルを塗ります。これはレーザーによる肌のダメージを防ぐためです。
塗り終わったら目をレーザーから守るためにゴーグルのようなものを装着、そして照射となります。そして照射が終わったらジェルを拭き取り、レーザーによって熱くなった肌を冷やします。
その後肌の乾燥を防ぐためにローションなどで保湿をして施術は終了となります。それから着替えを済ませて待合室に戻り、
受付で次回の予約を済ませて終了となります。レーザー脱毛は医療機関で行われるので、万が一に備えて炎症を抑える飲み薬や塗り薬を出してくれるクリニックもあります。

 

ざっと紹介するとこういった感じになります。
注意したいのがシェービングです。
これを忘れると最悪照射してもらえませんので、前日か前々日にしっかり剃っておきましょう。

レーザー脱毛は本当に永久脱毛になるの?本当のところどうなの!?

女性が身だしなみとしても行わなければならないムダ毛のお手入れ、
体毛が濃く目立っていては、楽しめるファッションの幅も狭められてしまうので、
定期的に綺麗に処理をしておくことは女性としての義務です。

 

しかし、体毛という性質上、どれだけ丁寧にケアをしてもすぐに生えてきてしまい、肌を見せる時期などは非常に煩わしいものです。

 

洋服で隠せる時期であっても、不意のデートの誘いや旅行や温泉など、気兼ねなく楽しめるようにするためには、いつかは永久脱毛を実現させたいと願っている女性も少なくはないでしょう。
しかしこの永久脱毛は、エステサロンで行われている光脱毛では不可能で、美容系のクリニックで医師が行う医療レーザー脱毛を受けなければなりません。
脱毛ケアというと、どうしてもエステサロンばかりが目立っていますが、今サロンで主流の光ケアは、体毛の質を細く薄く変化させ、
目立ちにくくさせるということを目的としているので、何度施術を重ねても、体毛が生えてこない状態にはさせられません。

 

一方、医療レーザー脱毛では、医師が施術を行うということから、高い出力の出るレーザー機器を用いることが認められており、
毛母細胞を完全に破壊させ機能しなくさせられるので、お手入れが終われば、もうその毛根から毛が育つことはあり得ません。
レーザー脱毛は、高い脱毛効果が出せる反面、肌へは強い刺激を与えてしまうため、
医療機関で医師が行う医療行為という位置付けで、医師以外が行うことは法律で認められていません。

 

現存する脱毛方法の中で、永久脱毛効果が出せるのは唯一医療レーザー処理だけで、
もう二度とムダ毛の処理をしたくないという方には、是非おすすめできる施術です。

レーザー脱毛とニードル脱毛、本当に生えてこなくなるのは?どっちがいいの?

近年脱毛といえば女性のイメージが強かった時代から、メンズエステやメンズサロンといった男性専門の脱毛クリニックも増えてきました。

 

もともと日本人は男女問わず美意識が高く、特に外見には人一倍気を使う傾向にあります。また毎日ムダ毛を気にしながらお手入れするのも大変な作業です。
もちろん自宅でも家庭用レーザーなど市販されている家庭用脱毛器で処理されている方も多いですが、
やはり出力が弱く十分に効果が望めないことや、レーザーがあたらない部位などはムダ毛が残ったままになってしまいます。
お金に余裕があれば脱毛サロンにて永久脱毛をおこないたいところです。
脱毛サロンでの永久脱毛はレーザー脱毛とニードル脱毛の二つに大別され、それぞれ効果や費用が異なっているため自分にあった脱毛法を選択することが大切となります。

 

レーザー脱毛は現在脱毛と聞くと多くの人が思い浮かべるほどメジャーなもので、1回の処理時間が短く、費用の安さもあり選ばれる方が多い脱毛法です。
レーザーは特定の色や物質のみに反応するため、皮下の毛の色である黒いメラニン色素のみに反応し照射すると熱が吸収され、
毛包全体に熱が伝わっていき毛母細胞を破壊するため毛が生えてこなくなるものです。
照射による痛みも輪ゴムで弾かれたような感触はあるもののしっかりと施術後は冷却すれば発赤も目立ちません。
ただし人によってはレーザー照射後も短いながらも毛が生えてくることがあり効果については個人差が大きいと言えます。

 

一方ニードル脱毛は、電気絶縁針を使用して強い電力出力で一本一本処理し毛母細胞を破壊していくため確実に脱毛することができます。
しかし痛みが強く脱毛処理に時間がかかります。
このようなことからレーザー脱毛で効果がない場合や部分的に確実に永久脱毛したい場合などはニードル脱毛のほうがよいでしょう。