光脱毛って身体に影響ないの?本当に安全?

脱毛法のひとつに「光脱毛」というものがあります。脱毛を考えている方の中にはこういった処置の安全性に疑問を持つ場合も少なくないのではないでしょうか。

ここでは光脱毛の身体に対する影響や安全性について見ていきましょう。

 

そもそも光脱毛とはどういったものなのでしょうか。
毛の黒い部分にのみ反応する光を当てることで、毛穴の中の毛乳頭という部分を刺激して脱毛するといった仕組みです。
このとき毛のメラニン色素に反応しますのでそれ以外の皮膚や内臓に対するダメージは考えにくいと言えます。
身体への影響があるとするならば光を当てたときに毛根周辺の刺激によるヤケドや色素沈着の可能性があるというところです。

 

しかし出力は抑えて様子を見ながら処置をしていきますので「刺激が強い」と感じたらすぐに申し出るようにすれば皮膚のトラブルに対しても心配することはあまりありません。
安全性については、ニードルやレーザーなどの脱毛法に比べると格段に痛みが少ないというのが特徴です。
全く痛くないわけではありませんがあまり痛くないということは危険性も低い、ということですので安全性は確保されていると言えます。

 

このように低刺激で安全性も高い光脱毛ですが欠点は存在します。
それはニードルやレーザーなどの脱毛法に比べて効果が出るまでにちょっと時間がかかることです。
出力を抑えた光を使いますので、レーザーのように医療従事者でなければ扱えないわけではなくサロンなどで脱毛ができるためです。

 
しかしいくら出力が抑えてあるといっても身体への影響が全くないとは言い切れないところがあります。
危険性やトラブルの可能性について、必ずカウンセリングなどで納得した上で処置を受けるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です