ニードル脱毛光脱毛と光脱毛の違いって?どっちがいいの?!

ニードル脱毛と光脱毛は、エステサロンなどで行われる脱毛の代表的な種類です。それそれにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

ニードル脱毛は、光脱毛よりも歴史が古い脱毛法です。ニードル=針、という言葉からも分かるように、施術には針を使用します。

その針を毛穴に刺し、電気を流すことによって脱毛するという仕組みです。聞いただけでも痛そう、と感じると思いますが、かなりの痛みを伴います。

また、ひとつひとつの毛穴にアプローチするため、脱毛時間が非常に長くなるという特徴もあります。また、それに伴って費用もかなり高額になります。

 

そのため、現在では脱毛の主流からは外れてきていると言っていいでしょう。

しかし、狙った毛穴に対し確実に施術できることから、脱毛効果は高くなります。
また、脱毛後の毛の再生率も低い確実性の高い脱毛法です。

 

これに代わる脱毛法として主流になっているのが光脱毛です。こちらは、ニードル脱毛と異なり、肌に光を照射することによって脱毛します。光は肌の広範囲に面で照射できるため、施術時間が短いのが特徴です。

 

痛みも少なく、脱毛にかかる費用もかなり安くなります。手軽に脱毛できることから、現在、エステサロンでの脱毛と言えばこちらが主流です。
唯一のデメリットとしては、脱毛の確実性がやや低くなり、しばらくすると毛が再生してしまったりすることもある点があげられます。

 

二つの脱毛法にはこのような違いがあります。
ニードルは確実性がありますが、費用や時間、痛みなど負担が大きいと感じる方が多いため、まずは初めて脱毛する方であれば光脱毛からはじめることをおすすめします。

 

それでも、どうしても残ってしまった毛を一本単位で確実に脱毛したいという時になって初めてニードル脱毛を行うのが良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です