ニードル脱毛と自己処理の違いって何が違うの?どっちがいいの?

ニードル脱毛と自己処理の大きな違いとして、永久脱毛ができるかどうかですね。
永久脱毛ができるのはニードル脱毛とレーザー脱毛のみであり、自己処理では不可能とされています。

 

ニードル脱毛ですと永久脱毛ができる理由は毛母細胞を破壊することができる施術だからです。
施術の内容としては特殊な針によって毛母細胞に直接電気を流すというものなのですが、ダイレクトに負荷を掛けて破壊することができますので永久的な脱毛効果を得ることができます。

 

自己処理の場合も家庭用脱毛器を利用するなどして毛母細胞に負荷を掛けることもできますが、しかしながら圧倒的に出力が不足しています。
やはり家庭用脱毛器は安全に使えてこその存在ですし、素人が使用する機器に強力な効果を持たせることはできないのです。
ですから到底永久脱毛はできず、それがひとつの大きな違いと言えるでしょう。

 

脱毛の為に手を掛けなければならない回数にも違いがありますね。
ニードル脱毛は強力ですので一回の施術で脱毛ができることがあります。その点、自己処理の場合ですと何度もお手入れをしてようやく効き目が出ます。
また、効き目があるといっても一時的なものだったりする為、状態をキープする為にはずっとお手入れをしなければいけません。

 

ですから将来的な手間を考えたらニードル脱毛の方が楽ですし、
手間が面倒に感じるのなら永久脱毛をしてもらった方が良いかもしれませんね。

 

効果や手間のことを考えたらニードル脱毛の方が圧倒的に利点があることは明白なのですが、ただ、コストが掛かる施術でもありますので、コスメ面を考えると自分でお手入れをした方が良いとも言えます。
したがってどっちの方が良いのかはどんな風に脱毛をしたいのかによって違ってくると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です