ニードル脱毛ができる部位ってどこ?全身できるの?出来ない部位は?

ニードル脱毛は、毛1本1本に対して針を刺して電流を流していくという脱毛方法です。電流が流された毛根はダメージを受けるので、確実な脱毛ができます。

 

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、照射するときに光が当たっていない部位があると、そこだけ脱毛効果がありませんが、1本1本施術していくニードル脱毛であれば、そのような心配はありません。

 

ただ、どうしても電流を流す際の痛みが強いというデメリットがあるので、頭に置いてから施術を受けるようにする必要があります。また、他の脱毛より時間がかかるというのも覚えておきましょう。

 

ワキでしたら、左右両方の施術をすると1時間ほどかかります。他の施術方法であれば5分で済むので長い時間が必要なことが分かります。

 

フラッシュやレーザー脱毛は黒い色に反応するために、ホクロや色素沈着、アザなど他より色が黒い部分には使用することができません。

 

しかし、ニードル脱毛はそのようなことはなく、施術できる部位は他の脱毛より広くなります。他の脱毛では、なかなか効果のでない産毛の脱毛も可能です。レーザーが受けられないアトピーの人でも受けられるので、肌の質を選ばない脱毛方法であると言えます。

 

ニードル脱毛は、黒色に反応するのではなく、毛1本に対して施術をするので、全身の脱毛が理論上はできます。
ただ、理論上はできる部位と言われても、なかなか目立つ部位には行われないのが実情です。

 

その理由は、施術の前に毛をある程度の長さに伸ばしておく必要があるからです。
きれいに剃ってしまうと、施術ができなくなってしまいます。
そのため、薄着のシーズンは特に人目を気にして露出する部位の脱毛ができないときがあります。ワキやVIOなどの、狭くて人目に触れない部位を希望する人が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です