ブラジリアンワックス光脱毛の違いって何が違うの?どっちがいいの?

ブラジリアンワックスは特殊な液体を肌の毛が濃い部分に塗ることによって、ワックスの効果で毛穴と密着している毛根との間に
隙間を作ることによって浮き上がらせ専用のテープを張って一気に毛根から毛を抜き取る方法になります。
そして光脱毛は微細なレーザー光線を発する機器を用意し、その微細なレーザーを毛根部分に照射することによってレーザーの熱で
毛根組織を焼き切ることで成長を阻害しやがて伸びなくなる方法になります。

 

ブラジリアンワックスと光脱毛はどちらも最新の脱毛法として効果を発揮する部分は同じですが、やはりその違いは効果範囲と効果時間の違いが大きいと言えます。
ブラジリアンワックスはワックスを塗るという方法を取るだけなので簡単に広範囲に塗れてかつ1時間放置すればよいだけなので即効性です。

 

そして光脱毛はレーザーを照射する機器の範囲だけ効果を持ち、さらには照射するにも何度も重ねて行う必要があるため遅行性であると言えます。
そのことからブラジリアンワックスのほうが利点が大きいと言えますが、しかしどちらが良いのかという観点では使う目的によって変化します。

 

ブラジリアンワックスの場合では塗る範囲が広くかつ1時間後に抜くことができる即効性が売りですが、
ただし毛根から抜ける量というのは実際には少なく時間がたてば再び生えてきて元に戻るリスクというものがあると
共に基本的に化学薬品のワックスなので顔には濡れないそして肌が弱い場合には肌トラブルのリスクもあります。
そして光脱毛は光のあたる範囲が狭く時間がかかってしまうことがデメリットですが、その時間がかかる分しっかりと毛根部分に
効果を発揮するので再び伸びるという失敗のリスクが少なくさらには毛の中でも多く濃い部分である顔にも使うことができます。

 
そのことから春から夏場にかけては露出が多くなることを想定してブラジリアンワックスが良く、
そして露出が少なくなる秋冬にかけては後者を選ぶことが良いと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です