レーザー脱毛とニードル脱毛、本当に生えてこなくなるのは?どっちがいいの?

近年脱毛といえば女性のイメージが強かった時代から、メンズエステやメンズサロンといった男性専門の脱毛クリニックも増えてきました。

 

もともと日本人は男女問わず美意識が高く、特に外見には人一倍気を使う傾向にあります。また毎日ムダ毛を気にしながらお手入れするのも大変な作業です。
もちろん自宅でも家庭用レーザーなど市販されている家庭用脱毛器で処理されている方も多いですが、
やはり出力が弱く十分に効果が望めないことや、レーザーがあたらない部位などはムダ毛が残ったままになってしまいます。
お金に余裕があれば脱毛サロンにて永久脱毛をおこないたいところです。
脱毛サロンでの永久脱毛はレーザー脱毛とニードル脱毛の二つに大別され、それぞれ効果や費用が異なっているため自分にあった脱毛法を選択することが大切となります。

 

レーザー脱毛は現在脱毛と聞くと多くの人が思い浮かべるほどメジャーなもので、1回の処理時間が短く、費用の安さもあり選ばれる方が多い脱毛法です。
レーザーは特定の色や物質のみに反応するため、皮下の毛の色である黒いメラニン色素のみに反応し照射すると熱が吸収され、
毛包全体に熱が伝わっていき毛母細胞を破壊するため毛が生えてこなくなるものです。
照射による痛みも輪ゴムで弾かれたような感触はあるもののしっかりと施術後は冷却すれば発赤も目立ちません。
ただし人によってはレーザー照射後も短いながらも毛が生えてくることがあり効果については個人差が大きいと言えます。

 

一方ニードル脱毛は、電気絶縁針を使用して強い電力出力で一本一本処理し毛母細胞を破壊していくため確実に脱毛することができます。
しかし痛みが強く脱毛処理に時間がかかります。
このようなことからレーザー脱毛で効果がない場合や部分的に確実に永久脱毛したい場合などはニードル脱毛のほうがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です